遺体の安置

    遺体の安置

    ご遺体を傷ませない安置の方法

    すぐにしてあげたいこと

    ご遺体を気温の低い場所に安置してあげましょう。
    ご遺体をバスタオル等でくるんであげて下さい。頭をタオル等で枕にして高くしてあげて、お腹(後足の付け根辺り)と背中を保冷剤等で冷やして下さい。
    ご遺体をきれいに安置してあげる為に、お鼻とおしりに脱脂綿(コットン)などで詰め物をしてあげて下さい。
    中型~大型犬の場合は、死後硬直が始まる前に、足を軽くたたんであげましょう。

    ご遺体の損傷が著しい場合

    ただちに火葬の手配が必要です。それ以上の安置は厳しいものとお考えください。
    已むを得ない事情で火葬希望日まで安置されたい場合は、当霊園にご相談下さい。
    ご遺体を当霊園の霊安室にてお預かりいたします。

    2~3日以上安置する場合

    • 外傷や手術痕がない
    • 冬期で内外気温が5℃以下
    • 暖房器具を使用しない部屋または場所
    • 胃の中に食べ物が残っていない
    • ドライアイスが入手できる

    2~3日以上の安置は個人宅では難しいと考えられます。
    上記のような条件がそろわないと、長期安置はできません。
    当霊園にご相談することをお奨めします。

ページトップへ